自然のつよさ

朝、夜、夕焼け、雨、雲、風といった要素はいろんなところで見ることができる。
しかし、虹や雪といった比較的見ることができにくいものはほとんど使われていない。
夕焼けや雨:気候的条件が合えばよく見ることができる。
虹や雪:気候だけではなく、場所や化学的条件が合わなければ見ることができない。
いわば奇跡的な要素。
日常のものにちょっとした細工(演出)を施しよりステキに見せている。

キキちゃんの実家

遺跡のロボット

人間の作ったものに緑が覆いかぶさるという表現を宮崎駿はよく用いる。
自然の力強さを感じる表現を使い、映画にメッセージ性を持たせている。

水や植物を扱うとほんとよく考えさせられます。
それゆえ、自然の流れとか関係性を考えながら設計することがランドスケープデザインには求められるということがようやくわかってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

top